×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カーブ
説明
カーブは変化球の基本であり、野球経験のない人でも投げれます。カーブはバッターのタイミングをはずし、ストレートの速さをバッターに錯覚させるのに、効果のある変化球です。右ピッチャーが右バッターに投げた場合、外角に入ったり、外角からさらに外へ逃げていきます。

握り方
中指と親指がボールの縫い目にかかるように握り、人差し指は中指にくっつけておくようにする。ストレートと同じように、手のひらをボールにつけないようにする。

 
写真をクリックすると拡大されます。

投げ方
投げる瞬間、中指と親指でボールをひねると同時に手首もひねるようにし、ボールを押し離す。

リリース
初めて投げる人は、リリース時手首を捻ってもよいが、あまり強く捻ると手首だけでなく肘や方に影響を及ぼすのでやめたほうがよい。 カーブは、実は結構負担が大きい。ストレートを投げる際は腕を内捻り(シュートに近い)する。これはケガをしにくくし、 より強く力を発揮するため。カーブは逆方向に捻るので腕の自然な振りに逆らっているため負担が大きい。投げすぎに注意。 負担を減らすためには、できる限り手首や腕などは捻らず、抜く感じで回転をかけること。ストレートと同じ不利で投げられればまったく問題ない。

マスターの方法
まず、スリークォータースロー(オーバースローとサイドスローの中間)で投げてみると比較的投げやすいし、肩や肘も痛めることが少ない。次にオーバースロー、サイドスロー、アンダースローへと移っていくようにしたほうがいい。

[トップ] [ピッチング] [バッティング] [守備・走塁] [掲示板雑談投手バッター] [リンク集]