シンカー


×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

説明

シンカーとはシュートしながら、バッターの膝元に沈む変化球である。無死または一死でランナー一塁または一、ニ塁の時に、ダブルプレー狙いで投げると効果があるのがこのシンカーで、内野ゴロを打たせるには最適のボールといえる。スクリューボールとは、左ピッチャーが投げるシンカーの事で、船のスクリューのような回転で、右バッターの外角低目に逃げながら沈んでいく。                                                     

握り方

中指と薬指を縫い目に沿ってかけ、人差し指を中指と親指の間にかける。つまり、指の比重をボールの左側において握る。
 
写真をクリックすると拡大されます。

投げ方

投げる瞬間に、親指に圧力を与えてシュートよりも回転を少なくし、人差し指と中指がボールの上側にくるようにする。

マスター方法

まずは、シュートをしっかりとマスターし、シュートを投げられるようになったらシンカーの練習をする。このシンカーが投げられるようになったら、親指の圧力を強くボールに加え、ボールの回転数を少なくし、腕を遅らせ気味に投げてみよう。

[トップ] [ピッチング] [バッティング] [守備・走塁] [掲示板雑談投手バッター] [リンク集]